お子さまにも聞いて欲しいたけちゃん先生の実話

 

幼い頃の私と歯医者さん 

MONOGARARI.jpg小さい頃人見知りが激しく、特に苦手な場所は病院でした。

ある時、予防接種日の事です。
腕に注射器をつけたまま逃げ出した私を母親は捕まえに来ました。
「帰りにおもちゃ買ってあげる。」
「痛くないから。」

歯医者さんでも玄関の前で立ち止まり大泣きの私でした。
この頃ハミガキがうまくできなかったのでムシ歯は多いし、昔の歯医者さんの治療は削る事が中心でしたので行く度にドリルで歯を削りました。

MONOGARARI2.jpg先生が泣き出した私に
「もっと泣け」
といい叱ります。
私のお口がひらき削る事が出来たからでしょうね。


 


MONOGATARI3.jpg小学校になり徐々にハミガキができるようになりました。

乳歯の治療も少なくなり削らず(※1)フッ素をつけたり、(※2)シーラントをつける為に通うことが増えました。


徐々に乳歯が抜けて大人の歯になり、フッ素とシーラントをしました。

          その間家ではハミガキをしっかりする様になりました。
          先生が厳しいから怒られたくなかったので頑張ってハミガキをしました。


その結果、大人の歯に生え変わった今はムシ歯は1本もありません。怒られたくないからハミガキすると言うのは歯科医師になり思うことがあります。

お口は栄養を取り入れる入口です。栄養を取り入れずその機能をやめてしまう。
それは生きる事を止めてしまう事と同じです。

「歯医者さんに怒られた」
「怖い」
「怒られたくない」
という恐怖心が心の傷となり忘れられません。

歯科医師となりお子さまの治療をしていく立場として心を傷つける治療方法ではなく歯の大切さを心で知り歯科医院に来てくれる事が患者様の命を救う事ではないか。

病気を治すことに通うのではなく、病気にならないように病院に行く『予防』は怖くないです。それを知って頂けると幸いです。

MONOGATARI41.jpg

 


(*1)フッ素

 歯医者さんでぬるフッ素に歯を強くする作用があります。歯を強くする事でムシ歯菌が出す酸に対して抵抗性を示します。しかし、歯磨きをしないと汚れが多すぎて、いくら歯を強くしてもムシ歯になっていきます。ムシ歯にならない魔法の薬ではないということです。


(*2)シーラント

 奥歯の噛み合う所には溝があります。この溝には汚れがたまりやすく、また、歯ブラシでも掃除しにくいため、ムシ歯になりやすい所の1つです。その溝をあらかじめ薬を使って埋めておくと、汚れがたまりにくく、ムシ歯になりにくくなります。これをシーラントといいます。しかし、フッ素と同じでシーラントをすればムシ歯にならないわけではありません。日ごろのハミガキをしっかりしましょう。