妊娠中の歯科治療について

妊娠中にはお薬や、治療に制限があります。しかし、全く治療できないわけではありません。妊娠中はお口の中の健康が悪化しやすいです。ここでは、妊娠中の歯科治療についての注意点を記載致します。

 

妊娠したら歯の健康診断を受けましょう!

歯や歯ぐきの病気は最初のうちはあまり気がつかないものです。特に妊娠中はお口の中の健康が悪化しやすいので、妊娠したら早期に歯科医院で健康をチェックしてもらいましょう。

 

歯医者さんへ行ったら

必ず妊娠している事を告げてから診察を受けましょう。その際に最終月経や妊娠週数、出産予定日を伝えて下さい。妊娠中の治療で最適な時期は、妊娠4か月~7か月の間です。この時期はいわゆる安定期で、流産の危険も少ない時期です。

●X線(レントゲン)撮影・検査について

ninnsinnpanorama.jpg妊娠中は出来るだけ避けます。
ただどうしても治療上必要であれば、妊娠4か月以降の安定期にプロテクターを使用し安全性を確保した上で行います。

 

●薬物の使用

レントゲン撮影同様に使用しないのが最善ですが、治療上必要な場合には慎重に使用します。

・抗生物質
妊娠8週間以内は胎児奇形の発生に影響するので避けた方がよいでしょう。
比較的安全な抗生剤は「ペニシリン系」「セファム系」「マクロライド系」で常用量で4~5日までの服用とします。

・鎮痛剤
強いお薬は避けます。比較的安全な鎮痛剤でも、頓服として1日1回~2回までの服用がより安全です。

 

Q&A                  

Q1 親知らずが痛みだしたのですが・・・
A1 まず歯科医院で診察を受けましょう。
分娩後まで延期出来るようであれば応急処置にとどめますが、どうしても抜歯をしなければならない場合は安定期(4か月末~7か月)に処置を行います。
できなければ妊娠前までに歯科検診を受け、必要な処置は済ませておきましょう。
Q2 麻酔は大丈夫でしょうか?
A2 必要最少量の使用にとどめるのはもちろんですが、通常の歯科治療で使用する量は問題ありません。
Q3 治療で仰向けになると苦しいのですが・・・
A3 妊娠末期には仰向けの姿勢を長く続けると、子宮が下大静脈を圧迫するため血圧が低下する事があります。体を左に傾けることにより和らぎますが、普段寝る時に苦しい時は前もってお話して頂けると助かります。
Q4 授乳中なのですが薬は大丈夫ですか?
A4 なるべく薬剤を使用しないことが望ましいのですが、抗生物質が母乳を介して新生児へ移行する量は微量なので、常用量で短期間なら問題ないと考えられています。もし可能であれば、服用中のみ一時的に粉ミルクなどの人工乳に変えるのも良いでしょう。


※当医院は託児サービスを行っております。是非ご利用下さいませ。
※0歳~12歳の沢山のお子様に入会して頂いております。入会費・年会費無料キッズクラブの入会お待ちしております。

・おむつ交換台