歯周病について 医院の歯周病予防←こちら

痛みはないから大丈夫!

痛みがなく進んでしまう怖い病気があります。
それが歯周病です。


Q.歯周病は中年の病気でしょ?

 確かに歯周病の進んだ状態である

  • 歯が動く
  • 噛むと痛む
  • 最近歯がのびてきた

などの症状は40~50歳以降に現れることが多いです。
そのような症状が出てきたということは歯周病が進んだ証拠です。

進んだ歯周病の状態から若い頃の歯ぐきのように戻すことはほとんど不可能です。

そのために若いうちからお手入れをすると歯周病予防もできます。


Q.歯周病が進んでいるから治療しても無駄かな?

確かに20代の歯ぐきに戻すことは不可能です。
歯周病の進行を抑える為に予防(メンテナンス)をして歯を良い状態にすることは可能です。

『歯は年齢共に悪くなるもの』という考えは間違っています。

適切な治療や定期的なメンテナンスを行うことで歯は悪くなりません。

何歳になってもおいしく食事をし、会話ができるように共に口腔内をケアしましょう!

 

少しむずかしい歯周病の話

 

歯周病セルフチェック表

下の各質問に
はい、いいえのどちらかでお答え下さい。

1 歯に汚れや歯石がついていると思いますか? はい いいえ
2 歯を磨くと歯肉から血が出ますか? はい いいえ
3 歯肉の色が赤、または赤黒いですか? はい いいえ
4 歯肉がむずむずすることがありますか? はい いいえ
5 歯肉がときどきはれたり、痛んだりしますか? はい いいえ
6 歯肉を押すとうみが出ますか? はい いいえ
7 口臭がひどく気になりますか?  はい いいえ
8 最近、歯が長くなったように見えますか? はい いいえ
9 最近歯が動くようになったと思いますか? はい いいえ
10 歯ぎしりをする、あるいはいびきをかくと言われますか? はい いいえ

※この結果は参考としてお考え下さい。正確な診断には歯科医院での検査が不可欠です。

 

 

1~4.7.10にYESの貴方へ

質問の1~4と7、10にYesと答えられた貴方へ
歯周炎1歩手前の歯肉炎、軽度歯周炎の可能性があります。

日常生活に支障をきたすような自覚症状はありません。

self_img01.jpgしかし歯周炎の原因が存在しているのは事実です。現状に安心されず大きな問題に発展していない今こそ歯周炎の予防治療を開始し今後定期的に検査、予防プログラムを受診すること。健やかな口腔内を取り戻し長く維持ことが可能となります。

今のあなたに必要な代表的な処置は、

  1. 歯周病の精密検査と問題点の把握。
    正しい歯磨きの習慣を身につけること。
  2. 歯周炎の簡単な処置(スケーリング)その後の定期(メンテナンス)と予防プログラムの徹底です。

 

 

 4~7にもYESの貴方へ

質問の4~7へYesと答えられた貴方へ
歯周病が確実に始まり、ある程度進行していると考えられます。

self_img02.jpg日常生活に支障をきたすほどではなく時々歯ぐきあたりにトラブルを感じ咬み合わせると違和感を感じる。人により口臭が気になります。

歯周炎は進行しても自覚症状をそれほど伴わず丁度働き盛りの年代の方に多く見られるため治療のタイミングを逃してしまうケースが非常に多いです。

しかしこの段階までにきちんと治療し、その後定期的にメンテナンス(予防)していくことが長い人生を考えると非常に大切です。この時期に歯周病治療をするかどうかで将来入れ歯のお世話になるか決まります。

 

ここに該当する貴方へ
早めに歯科医院を訪れ、歯周病の検査・説明・治療・予防を受けることを強くお勧めします。

今のあなたに必要な代表的な処置は

  1. 歯周病の検査と問題点の把握。正しい歯磨きの習慣を身につけること。
  2. 歯周炎の処置、歯の咬み合わせの治療。そしてその後の定期健診(メンテナンス)です。

 

8~10にもYESの貴方へ

質問の8~10にもYesと答えられたあなたは、現在すでに歯周病がかなり進行していると考えられます。

self_img03_1.jpg咬むと歯が浮く動く、時に痛みを伴うひどい口臭に悩まされ時々歯肉が膨らんだりするかもしれません。

歯ぐきがすっかり痩せてしまい歯がぐらつき治療しても手遅れと勝手にあきらめているかもしれません。

しかしこの段階になり、まだ諦めることはありません。

正確な診査・診断に基づく歯周治療と咬み合わせを軸とした計画診療を積極的に受診いただければ多くの場合治る可能性が残っています。

 


この項目に該当したあなたには、“決してあきらめないで下さい”と声を大にして申し上げたいです。

当医院はあなたの治療をするために存在するのです。
ぜひ思い切って相談頂き一緒に口腔内の健康を取り戻しましょう。
恥ずかしがらず恐れず受診する一歩を踏み出して下さい。

今のあなたに必要な代表的な処置は、

  1. 歯周病の検査と問題点の把握、正しい歯磨きの習慣を身につけること
  2. 歯周炎の処置、歯の咬み合わせの治療、そしてその後の定期健診(メンテナンス)です。

少しむずかしい歯周病の話

歯周病とは

日本の成人10人に8人は歯周病にかかると言われています。歯肉の炎症を放置しておくと出血・膿がでる。口臭がひどくなり、最後は歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

最近ではTVなどでも話題になった研究で心臓病(心筋梗塞>等を引き起こす危険もある事が認められています。
歯周病には口腔内に原因がある場合。全身の状態が関係する場合とあります。原因はどちらか一方のこともあり、両方もあります。歯周病のおもな原因は口腔内にあります。

歯周病には歯肉炎と、歯槽膿漏(狭義の歯周病)があります。

 

歯肉炎とは

炎症が歯肉だけにとどまっているもので歯肉が赤く腫れ、歯ブラシ等による僅かな刺激で出血します。

歯のまわりに原因がある単純性歯肉炎と全身の影響や口呼吸などと関係のある複雑性歯肉炎があります。
まれに身体が衰弱したときに全体の歯肉が痛み腫れ同時に口内炎も合併する急性壊死性潰瘍性歯肉口内炎など特殊な歯肉炎もあります。

 

歯槽膿漏(狭義の歯周病)とは

歯肉だけでなく、歯周組織にまで炎症が及んだものです。

はじめは歯肉から出血しやすくなる程度です。徐々に進行すると歯周ポケットが深くなり歯肉を押すと膿が出るようになる。口臭も出るようになります。

歯肉は衰え歯の根が出てきます。歯槽骨は吸収され歯がゆるみます。歯が移動したり噛みにくくなり、噛んだ時に浮いた感じがするようになります。放置すると歯が抜けてしまいます。

身体の抵抗力が弱いときは急性化して赤く腫れ、痛み化膿します(急性歯周組織炎)

 

歯周病の原因

成人が歯を失う原因で一番多いのはプラーク(歯垢)がたまり起こる歯周病です。

プラークは糖尿病などの全身の病気や喫煙などの生活習慣病が歯周病を引き起こし悪化させる原因にもなります

                                  
細菌からできるネバネバとした薄いプラークは次第に堅くなり歯石となります。
こうなると専門家以外では簡単に取り除けません。

間違った歯磨きをしていたり、歯医者さんにあまり通わないとプラークや歯石がたまります。
特に清掃しにくい所にたまりますが、これが感染を招き次第に歯を支持している組織を破壊し、歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができます。

ポケットを清潔に維持する事は非常にむずかしく、ポケットはさらに深くなっていきます。

そのまま放置しておくと、ついには歯が抜けて、入れ歯や人工歯根(インプラント)などの治療が必要となる場合が多くあります。
健康な歯では、歯とその周りの骨を結びつけている健康な繊維(歯根膜)がありますが、歯周病では歯の周りの繊維(歯根膜)や骨の破壊が起きています。

image1.jpg

歯を支えているのは“歯肉” ではなく、そのすぐ下にある顎の“骨”です。歯肉は骨を乾燥から守る薄い肉のカバーで、歯の支えにはなりません。

プラークとは・・・ 歯の表面についた白っぽいネバネバで生きた細菌を主体として、その増殖により細菌が産生する毒素を含むいろいろな細菌の塊のことで歯の表面にのりのようについているもの俗に言う歯垢のこと。
歯石とは ・・・ プラークが石灰化したものを歯石といいます。
歯周ポケットとは・・・ 歯と歯ぐきの境目の溝をいい、歯を支えている歯槽骨や、歯と歯槽骨をつなげる繊維の歯根膜が、歯垢(プラーク)に含まれる細菌により破壊され、歯と歯ぐきの間にすき間ができてしまったもので汚れが入り込むことからポケットと呼ばれています。


※お電話ではお伝えの限界があります。お気軽にご連絡ください。