歯科医師と技工士とのつながりについて

Q 息子が技工士です。息子の作った歯を入れて貰えないでしょうか?
A

歯科技工士と歯科医師がお互い信頼し契約を結んだ技工物のみ取り扱っております。
こちらが存じ上げない技工士さんでは安心して依頼を出せませんのでお受けいたしかねます。

患者さまのためウイルス感染症による口腔内と身体との関りについて

 

医療破壊を防ぐには自分のお口のケアをする事により防ぐことが出来るとは本当ですか?
A

本当です。

口腔内の衛生状態を改善することで食べる機能を整える。

感染したとしても、発症したり重症化しないような免疫力を作ります。

あなたの健康を維持する努力は日本全体の医療破壊を防ぎます。

口腔内の健康はウイルス感染予防に繋がると聞きました。教えてください。
A

おっしゃる通りです。

口腔内の環境が様々なウイルス感染力を高めます。

その原因は

・歯みがきがしっかり行えていない事。

・むし歯や歯周病が放置されている事。

・お口の中が不衛生ある事。

・適切な衛生管理が行われてない事。

口腔内の細菌数が増加するとウイルス感染力が増すことが分かっています。

新型コロナウイルスをはじめとするウイルスは『レセプター(受容体)』と結合するとこにより体内に侵入します。

コロナウイルス感染のレセプターは舌の粘膜に多く存在する為口腔内からの感染に注意が必要となります。

その為舌クリーナーもお勧めです。

舌、口腔内に汚れをためないようにしよう。

万一新型コロナウイルスに感染した場合緊急時に人工呼吸器が装着されます。

その際

「人工呼吸器関連肺炎」を引き起こしやすくなる為、口腔内を清潔にすることは感染の重症化を防ぎます。

一緒に健康で衛生的な口腔内環境を維持しましょう。

「レセプター(受容体)」と結合することにより体内に侵入しますが喉や口腔内は粘膜で守られています。

しかし歯周病菌が作り出すたんぱく質を分解する酵素(プロテアーゼ)は粘膜を破壊します。

歯周病は

・自覚症状がない。

・進行してからでないと発症に傷づきにくい。

・その為気づいたころには進行しているケースも多いです。

日々のご自身のホームケアと定期的な受診で早期治療に繋げ適切な予防(メインテナンス)により信仰させないよう努めることが大切です。

Q

口腔内の細菌数を増やさない為には何をすれば改善できますか?

A

貴方のホームケアがとても大切ですね。
・丁寧な歯みがき
・舌苔除去(舌磨き)
・歯周ポケットや歯肉溝を歯間ブラシやフロス等でしっかりと清掃する。
そして
・義歯もきれいに清掃する。

毎日の基本的なケアの積み重ねが大事です。


歯科医院で定期検診
徹底した口腔ケアも必要であると思います。
口の中の状態をしっかりとチェックし、行き届いていないところをケアすることができます。

こうしたケアを徹底することでウイルス性疾患を重症化させないように備える事もお勧めです。

ウイルスに感染し肺炎を引き起こしてしまった場合、緊急時に人工呼吸器が装着される事態も起こりえます。
そのとき
・口の中の細菌の数が多いと細菌が増殖する。
・肺の中に入り肺炎が重症化するリスクが高まります。

そのためにも
口の中の衛生状態をきれいに保つことはとても大切です。

Q ウイルス感染を防ぐには咀嚼と栄養も大切です。
A

咀嚼機能は免疫力を落とさない為とても大切です。

・入れ歯が合わないから使用しないままでいる。
・ムシ歯が酷くあまりしっかり食べられない。
咀嚼が不十分になっている方もいるように思います。

そうした方は特に注意が必要です。

咀嚼機能が低い状態(100mg/dl以下)が長期間続くと柔らかい食事が常態化しやすいです。
そして多くは糖質に偏った食事です。
それらはブドウ糖の摂取量をあげます。その為糖尿病悪化リスクを高める事にも繋がります。
また咀嚼力を要求される肉類の摂取が減るとタンパク質低栄養が進行血中アルブミン値が低下(3.5g/dl以下)します。

こうした状態は著しく免疫力の低下を招く事になります。

低栄養化により免疫力が落ちれば新型コロナウイルス感染症の重症化につながる恐れになります。
そして死亡率が上昇するリスクも高まります。

ご家庭ではいつもよりタンパク質、ビタミンを含む食材を摂取するように心掛けましょう。

 

 

 

カウンセリング・保険についてはこちらです。 

●自費診療についてはこちらです。

●歩いてみえる方へ●自転車でみえる方へ車椅子の方へはこちらです。

●お子さまについてはこちらです。